胃腸内科

胃の不調にお悩みの方はお気軽に相談ください。総合内科専門医でもありますので、体全体を診ながら不調の原因を探し、治療いたします。

胃腸内科とは

胃腸内科とは、食道や胃、小腸、大腸など、食べものが入ってから出るまでの消化管と肝臓、すい臓、胆のうなどの領域を診断、治療する内科となります。 お腹の症状でお困りの際はご受診ください。一般的な診察に加え、必要に応じて採血・レントゲン検査・上部消化管内視鏡検査・腹部超音波検査を行い、診断、治療をしております。 当院では、大腸の検査(内視鏡検査等)は行っておりません。

内視鏡検査

内視鏡を受けるメリット

内視鏡検査とは、胃カメラを使って食道や胃の内部を直接目で診ることのできる検査です。
バリウム検査ではできない粘膜の変化はもちろん、病変を早期に発見することができ、その場で病変を採取して悪性か良性かの診断をすることができます。
現代病として、逆流性食道炎や機能性ディスペプシアなど消化管の運動障害に対する疾患も多いので、診断と治療方針の決定に非常に有用です。
特に胃がんは、早期発見の治癒率が高いのが特徴です。胃がんは罹患率が高い疾患ですが、治せる疾患なので、早期治療が特に重要となります。

内視鏡を受けたほうがいいと思われる方
  • 健康診断で異常が見つかった人
  • バリウム検査などの二次検査、精密検査を指定された方
  • ピロリ菌感染や胃炎が心配な方
  • 胃痛や胸焼けなどの症状が長期間続く方

内視鏡検査って痛くないの?

経験値の高い消化器内科専門医が、内視鏡の検査をおこなっています。

可能な限り苦痛は抑えて検査をいたしておりますので、ご安心ください。

内視鏡についてのご質問や心配事がございまいしたら、お気軽にご相談ください。

代表的な疾患

慢性胃炎

胃の腺細胞の慢性的な萎縮が進行し、胃酸の分泌が減少する状態のことを指します。慢性胃炎のほとんどがピロリ菌感染であることが明らかになっているので、ピロリ菌の検査をおこない、陽性であれば除菌治療を始める必要があります。

 

ヘリコバクターピロリ菌

もともと胃潰瘍・胃炎のリスクになることが知られていましたが、ここ細菌の治験で胃がんのリスクになることが確立しています。除菌治療が疾患の発症予防になると考えられているので、ピロリ菌検査が陽性の方は、除菌治療も含めて検討いただく必要があります。

 

逆流性食道炎

胃酸の逆流によって引き起こされる病気です。食道には胃酸に対する防御機能がないために、酸に繰り返しさらされることで、粘膜がただれ潰瘍が生じることもあります。薬で治療することができますが、再発しやすい病気のため、継続治療が必要となります。

 

機能性ディスペプシア(FD)

内視鏡をしても原因がみつからないが、臓器などの働きが悪くなる病気となります。胃炎やみぞおちの痛み、胃もたれや膨満感など症状は多彩です。主にストレスや不規則な食生活、喫煙などが原因と考えられています。

 

胃ポリープ症

細胞の異常増殖によってできた突起物のことです。ほとんど良性のことが多いですが、健診でポリープの疑いや異常があった方は、内視鏡検査を受けることをおすすめします。

ご予約・ご相談はお気軽に

国分寺市のかかりつけ医なら中島クリニック。まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_042-327-3888.png
staff staff blog